SankeiBiz for mobile

リアルタイム学習、高精度予測 エイシング、AIで独自の新技術開発

記事詳細

リアルタイム学習、高精度予測 エイシング、AIで独自の新技術開発

更新

 コンピューターやロボットなどの機械に自動的に概念や行動プログラムを学習させる「機械学習」の世界。これまで一般的だったディープラーニング(深層学習)と呼ばれる手法とは違う、新たな技術の開発に取り組んでいるのが、岩手大学発のAI(人工知能)ベンチャー、エイシングだ。

<< 下に続く >>

 同社の最高技術責任者(CTO)を務める岩手大理工学部の金天海准教授の研究成果を基に開発されたのが、「ディープ・バイナリー・ツリー(DBT)」と呼ばれる新しいAI技術。コンピューター自身がリアルタイムで学習し、精度の高い予測を行う。人間の脳に例えると、反射的な反応ができる小脳のような働きをする。

 機械が行う動作を予測したり最適化したりするといった制御や、機械のシミュレーターの作成、売り上げ予測などの統計解析は得意だが、ディープラーニングのように多数の情報を処理することは苦手なので、画像や音声の認識や解析には向かない。

 ディープラーニングでは学習精度を高めるために、データの選別などといったパラメーター調整という作業が不可欠になり、新たなデータを追加する場合、最初から学習し直す必要がある。DBTではそうしたパラメーター調整は不要だ。

 AIというとディープラーニングという手法が知られているが、そのディープラーニングの欠点を補い、補完しあえる技術がDBTといえる。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です