近ごろ都に流行るもの

ファンデや色つきリップ…メンズコスメの売れ行き好調 理想の男性像が多様化

 官民挙げて「ダイバーシティ(多様性)社会」が推進されるなか、男性がカッコイイと思う男性像も多様化。メンズコスメの売れ行きが好調だ。市場規模は東日本大震災が発生した8年前から右肩上がりで、今年は1183億円の予測(富士経済調べ)。肌や髪のお手入れは当たり前。メークの壁を軽々と超える男子が表れ、肌色補正のファンデーションや色つきリップが売れている。背景には、若い男性の外見に対する悩みや理想の深化があった。(重松明子)

 ツルンとした白い小顔に赤みを帯びた唇…。取材先で出会った20代前半の男性美容師の“美貌”に見入ってしまった。透明感のある肌。実はBBクリーム(美容成分入りの薄付きファンデーション)を使っているという。若いし、素顔で十分じゃないの? 「ニキビ跡がコンプレックスで…。若いなりの悩みがあるんです」

 男子の見た目への繊細さは、メンズ化粧品の老舗「マンダム」が1月に発表した15~29歳の男性を対象にした意識調査にも顕著に表れていた。

 人に見つめられても自然体でいられる「視線耐性」が「ある」と答えた男子は36・1%にとどまり、「ない」が63・9%に上った。視線耐性がない理由の過半数が「自信がない」。自信がない要素の1位が「肌」(42・9%)で、2位が「顔立ち」(42・6%)だ。コミュニケーション力(40・2%)や収入(33・4%)などの内面的資質より、外見が“男の自信”を左右している側面がうかがえる。

 全国119店舗を展開する「ロフト」では、男性用化粧品の売り上げが7年連続増加している。今年4月19日~5月6日も前年同期比115%と好調だ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング