5時から作家塾

動画の次はゲーム! アップル参入で注目集まる「ゲームし放題」サービス

岡真由美
岡真由美

 ディズニーとアップルの参入で、定額で映画やテレビ番組などの動画コンテンツが見放題になる定額動画配信サービス市場が盛り上がりを見せていることを以前書いたが、動画に続きゲーム配信市場も大きく成長しそうだ。

 100タイトル以上の新作を独占公開「アップル・アーケード」

 アップルは3月に、定額のゲームし放題サービス「アップル・アーケード」を、今年秋より世界150カ国以上で提供開始すると発表した。

 アップル・アーケードとは、月々決まった料金を支払うことで(現時点ではまだ料金は発表されていないが)、すべてのゲームが無制限にプレイできるというサービスだ。アップルはコナミ、レゴ、ミストウォーカー、セガなど、12社以上のゲームを提供するとしており、秋のサービス開始時点では、まず100タイトル以上の独占公開の新作ゲームを取り揃えると説明している。つまり、開始時点で同サービスでしかプレイできないゲームを、100タイトル以上用意するという意味だ。

 アップルはここ数年、ゲーム分野に力を入れている。特に注目している(と思われる)のが、拡張現実(AR)を取り入れたゲームだ。近年ではiPhoneおよびアンドロイド用ゲームアプリ「ポケモンGO」が大ヒットしたのは記憶に新しい。7月にはポケモンGOの開発会社であるナイアンテックが、ARゲームアプリ「ハリー・ポッター:魔法同盟」を配信開始している。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング