試乗スケッチ

新型コロナでマツダが患者搬送用車両を開発 感染対策を施した「特装車」

木下隆之
木下隆之

 新型コロナウイルスは世界を混乱の渦に巻き込んだ。対応が遅れた日本もようやく落ち着きを取り戻しているとはいえ、第5波が収束の兆しを見せているだけでまだ安心してはいられない。もし第6波が訪れたら、重症患者を安心して診ることができる医療体制はまだ整っていないのだ。日本にも医療崩壊が起こった。コロナ陽性患者の受け入れ先が手配できず、救急車での搬送も滞った。あの悪夢が繰り返される可能性があると思うと、まだまだ安心できない日々は続く。

 車両には「CX-8」を採用

 そんな医療体制の一助になるであろうクルマが開発された。マツダが開発した「新型コロナウイルス感染症軽症患者等向け搬送車両」と名付けられたそれは、その名の通り軽症患者を医療施設に運ぶために開発された特殊車両だ。

 発端は広島県からの依頼である。コロナウイルスが全国的に広がり始めた頃、サポートの相談がマツダに届いた。当時は緊急事態宣言1回目のタイミングである。陽性患者を緊急搬送する体制に不安を抱えていた行政からの依頼に対応したことがはじまりだった。

 車両はマツダ最大の3列シートを備える「CX-8」である。特徴は車内の隔壁にある。くしゃみや咳などによる飛沫をガードするために、運転席と助手席のある1列目と2列目以降の後席を分離する。しかも、前席と後席に圧力差を発生させることで、後席の空気が前席に流れ込みづらい構造にしているのだ。

 運転席には差圧計がある。全ての窓を閉め、エアコンディショナーの風圧を2以上にセット。外気導入モードに固定することで、前席にはプラスの陽圧が発生。前席の圧力が高まり、後席からの流入が防げるという理屈である。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング