SankeiBiz for mobile

3年間で50本…なぜAV女優に? インテリ家族、東大院修了…異色の経歴

記事詳細

3年間で50本…なぜAV女優に? インテリ家族、東大院修了…異色の経歴

配信元:PRESIDENT Online 更新

対談:社会学者 鈴木涼美×田原総一朗

 高校時代は渋谷のブルセラショップに通い、慶応大学ではキャバクラ嬢とAV女優を経験。東京大学大学院修了後は日経新聞の記者に。流浪の社会学者が見つめる現代女性の価値観とは--。

 父は哲学者 母は翻訳家

 【田原】鈴木さんは異色の経歴の持ち主だ。慶応大学に在学中、キャバクラで働き始めて、AV女優デビュー。その後は東大大学院を経て、日経新聞の記者として活躍。一昨年『「AV女優」の社会学』を発表して話題を呼びました。とても身軽な生き方でいいと思うんだけど、そもそも夜の世界で働こうとしたきっかけは何だったのですか。

 【鈴木】私がまだ知らない、楽しそうな世界があるように見えたんです。それまで私は高校や大学にしっかり行って、サークルやゼミにも入り、正統派な人生を楽しんできました。でも夜の世界には、それとは違う人生の楽しみ方を知ってる人たちがいる気がして、ついフラフラッと。

ランキング