SankeiBiz for mobile

英語力は二の次でOK!? 「グローバル求人」企業が欲している職種

記事詳細

英語力は二の次でOK!? 「グローバル求人」企業が欲している職種

配信元:PRESIDENT Online 更新
<< 下に続く >>

 日本市場におけるバイリンガルの需要が高まっていると感じます。求人倍率で言うと、2015年の有効求人倍率は全国で1.20倍。これはバブル経済が崩壊した1991年の1.40倍に次ぐ高さです。日本企業がグローバリゼーションの流れを加速させていることや、インバウンドの高まりによって英語や中国語を使える人が必要になっていることが影響しています。

 とりわけ企業が欲しているのが専門性の高い人たちです。たとえばリテール分野のセールス職やIT企業のエンジニア、保険分野のファイナンシャルプランナーやアナリストなどが挙げられます。

 女性を求める企業も多く、実際に当社が職業紹介をしている約半数が女性です。仕事の専門性が上がるにしたがってバイリンガルの需要はより高くなります。

 さらに海外でも、首都でなければ嫌だとか、きれいなオフィスビルでないとダメといった条件にこだわらなければ、素晴らしいチャンスがあるでしょう。

 ただし、女性の場合、英語が堪能でも一般事務職にとどまってしまうケースをよく見ます。原因の一つに、女性の場合、大学でリベラルアーツや言語学を専攻する人が多く、企業が求める専門性につながらないことが考えられます。

ランキング