SankeiBiz for mobile

東京のバカ高い家賃が「パラサイトと未婚者」を量産する とくに厳しい若年世帯

記事詳細

東京のバカ高い家賃が「パラサイトと未婚者」を量産する とくに厳しい若年世帯

配信元:PRESIDENT Online 更新

 東京の若年世帯は収入の半分が家賃に食われる

<< 下に続く >>

 私事ですが、東京都多摩市から神奈川県横須賀市に引っ越しました。宮崎駿監督の『魔女の宅急便』のテーマではないですが、「海の見える街」に住みたいと思ったからです。

 その結果、うれしいことに家賃が安くなりました。私のような文筆業の場合、どこに住んでも収入は一緒。それで家賃という基礎経費が浮くとなると、生活はかなり楽になります。部屋も広くなり、言うことなしです。うーん、移住っていいなあ。

 生活にどれほど余裕があるかは、収入と支出のバランスで見て取れます。支出の代表格は住居費。借家世帯でいうと家賃です。生活のゆとりの程度を測る指標として、借家世帯の「家賃/年収」比というのはどうでしょう。

 生活のゆとり指標として地域別の平均年収がしばしば注目されますが、地域によって生活費の相場が違いますので、収入の多寡を見るだけでは不十分です。そこで生活の基礎経費の指標として、家賃も考慮しようというわけです。

 私は47都道府県について、借家世帯の「家賃/年収」比率を計算してみました。

 用いた資料は、総務省『住宅土地統計』(2013年)です。この資料から、借家世帯の平均世帯年収と平均家賃月額を知ることができます。世帯主の年齢層別の分析も可能です。

このニュースのフォト

ランキング