5時から作家塾

泥酔すると暴言吐いたり暴力振るったり…人格が豹変する人、どうすれば

筑前サンミゲル
筑前サンミゲル

 酒に酔った状態で不適切な言動があったとして、度々問題となっている有名人がいるが、あなたの周りにも飲酒すると人格が変貌する人はいないだろうか?

 ある程度の酒量に達するとスイッチが入ったかのように人格が豹変する人がいる。よく知られるのは、笑い上戸や泣き上戸などであろうか。それでも1人で完結している分にはまだいいが、他人へ迷惑をかけるような絡み酒は問題だろう。

 思い起こすと、著者の母方の亡き祖父がそうだった。最初は普通に楽しく酒を飲んでいるのだが、ある酒量に達すると、突然、歌い出す。毎回、同じ歌だ。さらに酒量が増えると、戦争で南方のトラック島(現ミクロネシア連邦のチューク諸島)で散った戦友たちを思い出すらしく、さめざめと泣き出す。この段階まで来ると、慣れたもので祖母や母が出てきて、寝室へ連れていき寝かしていた。翌朝、祖父が起きると、歌い出した以降のことはまったく記憶にないようだった。

 祖父は、飲酒がある一定量に達すると起こる症状が完全にパターン化していた。同じように、泥酔すると暴言を吐くなども、アルコールによって引き起こされる1つの症状だと語るのは、都内のアルコール依存症などをリハビリする施設関係者。

 「アルコールによって引き起こされる多種多様な症状は、病気でなく症状なので、治療法はありません。当然、薬もないので薬物治療の対象ではありません。飲酒によって多くの人が共通して経験する症状としては、飲酒時や帰路などの記憶があいまいになる『アルコール性健忘症』です。ひどい症状だと、普段は問題ないのに泥酔したときだけ盗みを働いたり、性的暴力を起こすような症状を発症する人もいます」(依存症リハビリ施設関係者)

 この話を聞いて著者はこの夏に経験した不愉快な記憶を思い出した。

 スイッチが入ったかのように変貌した男性

 8月の暑いときに知人が主催するビジネスセミナーへ参加した。この日のスピーカーは、関西を拠点に中古品売買を生業とする男性。著者が興味を持ったのは、彼が中国の深センなどに長年滞在して会社を経営するも、中国人スタッフに騙されて訴えられた裁判の中で、中国語をネイティブレベルまで磨き上げたとPRしていた点だった。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング