5時から作家塾

英会話豆知識 年賀状に「A Happy New Year」と書いた人は来年からやめよう

 英語を話す時、我々にとって厄介な「冠詞と名詞の単複」

 The や a、anといった冠詞(もしくは無冠詞)や名詞の単複は、筆者を含めて日本人が最も苦手な部類の英語のグラマー分野だろう。

 なにせ日本語の名詞は常に同じだ。

 特定のみかんがほしい時に「ざみかんをください」といったり、複数のミカンを腐らせてしまった時に「みかんずがダメになっちゃった…」と言ったりしない。ましてや「ざみかん」と「あみかん」で指すものが変わってきたりは、絶対にしない。

 3種類ある文字を何千も覚えねばならず、TPOに合わせて様々な敬語を使い分けねばならない日本語は、外国語としての学習者には「難解だ」と不評だが、名詞が活用も冠詞もなく絶対的に不変な点は一つの大きな安心材料ではないだろうか。

 実は超重要なaとtheと無冠詞の違い

 所詮多くてアルファベット3文字の冠詞や複数形のsなど、つけ忘れようが間違えて付けようが大した問題ではあるまい…そもそもネイティブだってグラマー通りにしゃべっているわけではないし、と思いがちだが、実はスペリングが日本人の受験生より怪しいようなネイティブでも、これを間違えることはほぼない。彼らは言及したい対象を特定した時点でaかtheかは明確で、私たちが習うようにまず名詞が先にあって、それに冠詞をつけよっかなーどうしよっかなーという考え方ではないからだ。

 冠詞によって文の意味が全く違ってくる場合

 特に要注意なのは、複数形・単数形と冠詞の組み合わせで名詞が指す対象自体が違ってくる点。

 ネイティブの英語話者を捕まえて、「I=私」は「cat=ネコ」が「like=好き」を、何の脈絡もなしに言ってみたらどんな意味に取られるのか? 実験してみた結果をまとめたい。

 もちろん言語なので、「この場合はその限りではない」「いつもそうではない」ということを言い始めたらきりがないが、冠詞と名詞の単複の使い分けの基本的な部分をざっくり分かりやすく描写できれば幸いだ。

 ◆その1 a+単数形

 私「I like a cat.」

 英語話者「Ye…s? What kind of cat? (はあ?で、どんなネコなの?)」

 コメント:そもそも変な文で、私たちが人生の中で「I like a cat.」という文章を使う場面はまず思い浮かびません。a catということは、複数いるネコのうちの一匹、もしくは任意の一匹のネコですから、「不特定の一匹のネコが好き」というヘンな意味になります。「I saw a cat sleeping on the roof.(屋根の上に知らんネコが一匹寝ているのが見えた)」みたいな文脈ならa catもありです。

 結果: a cat=「私は不特定の一匹のネコが好き」

 ◆その2 the+単数形

 私「I like the cat.」

 英語話者「Which cat? (どのネコ?)」

 コメント:今までネコの話なんかしていなかったのに、いきなりなんだよと思いました。The catは、既に話題に上った特定のネコがいる場合に使います。「I got a cat!」なら「ネコ飼ったの!」ですが、「I got the cat!」だと「前から話していたあのネコ(ついに)飼ったの!」です。他には、「I like the cat Mami has.(マミが飼っているネコが好きなの)」と、すぐに関係代名詞で特定する場合も可です。

 結果: the cat =「その(今まで話題に上っていた、もしくは今特定するところの)一匹のネコが好き」 ※the catsと、the+複数形にした場合も、ネコが複数になるだけで他はこれと同様

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング