5時から作家塾

食べるだけでなく作ってみたい 外国人旅行者に大人気の料理体験サービス

吉田由紀子
吉田由紀子

 埼玉県草加市で英語講師を務める楠川美江さんは、ある副業で人気を集めている。それは日本を訪れる外国人観光客への料理レッスンである。

 人気メニューは、キャラクターを再現した弁当。いわゆる「キャラ弁」だ。世界でも人気の高い日本のキャラクターを弁当にできるとあって、予約はひっきりなしの状態である。

 「一番人気があるのはトトロですね。それと海外に熱狂的なファンが多いピカチュウ。ハローキティも人気ですが、シンプルに見えて意外と表情を作るのが難しいのです。キャラ弁は、どちらかというと料理よりも工作に近いので、外国の方が簡単に作れるように工夫をしています」(楠川さん)

 楠川さんはレッスン前にメールでゲストとやりとりをして、相手の希望をていねいに聞いている。子どもにキャラ弁を作ってあげたいお母さんには、いろいろなスキルを教え、親子連れには日本の風習や暮らしにまつわることを話してあげるという。

 「いつもゲストの方に100%満足してもらうよう工夫をしています。教えてもらうことも多くて勉強になりますし、とても楽しいです」

 彼女が登録をしているのが、エアキッチンというサービスである。これは料理を体験したい外国人旅行者(ゲスト)と、教えてあげたい日本人(ホスト)をつなぐ、食のマッチングサービスである。2017年に始まり、これまでに2万人以上(ゲスト、ホスト含む)が利用している。現在は47都道府県すべてにホストがいて、地方ならではの料理体験も可能だ。海外からの旅行客数が伸びるにつれて、人気が高まっている。

 ゲストは、オンライン上で希望の料理体験を選び、リクエストを送る。ホストからOKがでれば、予約が成立。後は個別に連絡をとりあって、料理体験をするという流れになっている。

 ホストには、プロの料理人も

 エアキッチンのホストには、プロの料理人も多い。その一人、多田安伸さんは東京・中目黒で寿司割烹を営んでいる。お店のアイドルタイムを利用して、外国人に寿司の作り方を体験してもらっている。

 「昨年の10月に登録したのですが、その2日後には予約がありまして驚きました。ただ、私は英語があまり得意ではないので、最初は不安があったのですが、始めてみると外国の方は流暢な英語は期待していないことが分かり、ホッとしました」(多田さん)

 多田さんは翻訳アプリを使うこともあるが、ジェスチャーで十分に伝わるという。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング