試乗スケッチ

Aクラスの試乗会を富士で?とナメていたら、AMGが過激すぎてヤケドした件

木下隆之
木下隆之

 Aクラスの試乗会にあの富士を使用?

 AMGから試乗会の招待が届いたのは12月初旬のこと。場所は富士スピードウェイ。雪で閉鎖の可能性があるこの時期にサーキット試乗会が開催されていることに首を傾げた。

 だがそれよりも、富士スピードウェイを使ってまで試さなけばならないモデルがあっただろうか。レーシングカーならまだしも、グランプリサーキットでなければならない市販車があったのか。慌ててAMGのモデルラインナップを頭に思い浮かべてみた。

 聞けば、試乗モデルは「AMG A45 S 4マチック+」だという。相当に高性能だから、富士スピードウェイでなければ試せないとも言うのだ。

 最近、東京近郊にも手頃なサーキットは少なくない。筑波サーキットはタイムアタックのメッカとして有名であり、袖ケ浦フォレストスピードウェイも頻繁に試乗会が開催されている。わざわざ富士スピードウェイを貸し切らなくても、市販車の試乗会は可能なように思えた。ましてや試乗車は、いくらAMGの手になると言っても、ベースはAクラスである。ナメていたことを、その直後に反省することになる。

 走りはじめた瞬間に、富士スピードウェイで開催した理由を理解した。とてもじゃないけれど、ミニサーキットで性能を味わうには、A45 S 4マチック+のパフォーマンスは過激すぎる。

 搭載するエンジンは、たかだか2リッターの直列4気筒ターボである。だが、最高出力が「421ps」だと聞けばいかがだろう。最大トルクは「500Nm」に逹する。1リッター当たり200psオーバーという値は、一昔前ならば大径タービンを無理やり押し込んで、エンジンブローを覚悟した上でようやく踏み込める激辛チューニングの世界である。それが、さらりと保証もついた市販モデルに搭載されるというのだから、技術の進歩には驚くばかりであり、それを開発するAMGの武闘派気質には頭が下がるのだ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング