試乗スケッチ

日産GT-R、13年経っても止まない進化 2020年モデル最大の特徴は意外にも…

木下隆之
木下隆之

 日産GT-Rが世界最高峰のスーパースポーツであることは論を俟たない。世界一過激なニュルブルクリンクで鍛え上げられ、2007年のデビューイヤーには最速記録を樹立、世界の注目を集めた。

 実際に僕も、ドイツの速度無制限ハイウェイのアウトバーンで、300km/h巡航を経験している。3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジンと優れた4WDシステムを武器に、挑むサーキットで次々とコースレコードを叩き出しているばかりではなく、公道でも武闘派を演じているのだ。

 誕生からすでに13年

 そんなGT-Rも、誕生からすでに13年が過ぎた。早ければ4年サイクルでフルモデルチェンジが繰り返される日本では異例の長寿である。それをカルロス・ゴーン時代の負の遺産とする意見も少なくないが、技術が日進月歩で進化する現代にもかかわらず、性能至上主義のGT-Rがいまだに一線級で活躍できるのはミステリアスである。

 もちろん日産も、ただ放置してきたわけではない。超過激な「GT-Rニスモ」をラインナップに加えたり、豪華仕様を開発したりと、鮮度を保つための措置を続けている。日産再生の象徴としても手の抜けないモデルなのだ。

 今回、2020年モデルをドライブしてみて、GT-Rの凄みと悲哀と、圧倒的なパフォーマンスを確認した次第だ。2020年モデル最大の個性は、優しさである。デビュー直後は、ドライバーを選び、我慢を強いた。確かに記録を塗り替えてはいたが、コンディションを完璧に整えた上で、GT-Rを熟知したドライバーがアタックした時のみに微笑んだ。その条件に満たなければコントロールに手を焼くじゃじゃ馬だったのである。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング