試乗スケッチ

あえて控えめなHV ボルボ XC40に“電動アピール”は不要だった

木下隆之
木下隆之

 ISGMと組み合わせた「ボルボ XC40」は、ボルボ史に深く刻まれることになるだろう。というのも、ボルボは2019年から発売するすべてのクルマを電動モデルに限定すると宣言した。内燃機関との“絶縁”。圧倒的な環境性能を磨き込み、電動車メーカーへと舵を切ったのである。

 ボルボが中国資本のジーリーホールディング(浙江吉利控股集団)傘下に組み入れられた時、少なからず不安を覚えた。中国的な考え方に翻弄され、これまで構築してきたボルボの伝統的イメージが粉々に覆されるのではないかと危惧したのである。だがそれが杞憂であることを知った。安全神話を築いてきたボルボが、さらに環境性能で世界をリードしようとしているのである。

 当面は共存

 ちなみに、内燃機関との絶対的な決別ではなく、当面は共存のスタイルを続ける。エンジンをまったく搭載しない電気自動車「EV」と、充電可能なハイブリッドシステムである「プラグインハイブリッド」を《リチャージ》と命名し、48VのISGMを基本としたハイブリッドの「マイルドハイブリッド」を販売していくのだ。つまり、内燃機関を活用しながらも、電気システムを介在しないモデルだけに限っての絶縁である。電動メーカーへの移行期間のようにも思える。

 実際に新型「XC40 B5 AWD R-Design」をドライブすると、ボルボの電動化へのただならぬ熱量を意識せざるをえない。全長4425mm×全幅1875mm×全高1660mmのボディは、BMW X1であり、アウディQ3や、あるいはレクサスUX(NX)を最大のライバルとしている。だが、存在は威風堂々としており、車格感は際立っている。

 驚くのは、あれほど熱く内燃機関から距離を置くようなコンセプトを掲げ、電動化メーカーへのシフトを声高に宣言したにもかかわらず、その急先鋒たるXC40が、電気パワーをさらりと受け流すような自然体で活用している点である。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング