5時から作家塾

世界初の試み、ニコチン依存の治療をアプリで 厚労省から薬事承認も

吉田由紀子
吉田由紀子

 今年4月、改正健康増進法が全面施行され、タバコを取り巻く環境が大きく変わった。増税による値上げ、分煙の強化、喫煙場所の減少など、愛煙家にとっては肩身が狭い状態だ。

 とはいえ、タバコが健康を害することは自明の理。喫煙は「百害あって一利なし」だが、わかっていても止められないのが、長年の喫煙習慣である。

 喫煙を止めるには、病院の禁煙外来に通い、禁煙補助薬を処方してもらうのが一般的だ。しかし、薬剤だけで1年後に禁煙できた人は、3割に留まっているのが現実である。禁煙補助薬を服用すると、イライラ感や喫煙衝動といった身体的依存は抑制できるものの、「もう一つの要因」が解消されない限り、ニコチン依存からは脱することはできない。

 気になるもう一つの原因とは何か? それは、タバコに対する「心理的依存」である。

共感しながらアドバイス、解決へ

 この心理的依存を克服する「ascure卒煙プログラム」が、いま注目を集めている。開発した株式会社CureAppの代表取締役社長(医師)の佐竹晃太さんに話を伺った。

 「ascure卒煙プログラムは、スマートフォンの専用アプリを使い、看護師、薬剤師などの医療資格保有者が、オンラインで参加者さんを禁煙へと導くプログラムです。指導員と患者さんが1対1のカウンセリングを行います。例えば吸いたくなる状況など喫煙に到る動機をお伺いします。その答えに共感をしながら、喫煙してしまう問題の整理を参加者さんと一緒に行い、一人ひとりに合わせた行動のアドバイスによって問題を解決していきます」(佐竹晃太さん、以下同)

 このプログラムは動画やチャットを用いて患者の日々の習慣を変えていくのが目的である。自宅にOTC(薬局などで購入できる医薬品)の禁煙補助薬が配送されるので、それを服用しながらオンラインで支援を受けていく。期間は原則6カ月間。開始から終了まですべてオンラインで行う仕組みになっている。

 「禁煙補助薬を服用するだけでは、自宅で一人になった場合、長年の習慣でついタバコに手を出してしまいがちです。ascure卒煙プログラムでは指導員とのカウンセリングとアプリにより、常に生活をチェックしながら改善にもっていきます。終了時には、専用のキットで採取した唾液で喫煙の可否を判定し、それをオンライン上で指導員に示します。この結果により、禁煙に成功したか否かを判断できる仕組みになっています」

 このascure卒煙プログラムは、現在、健康保険組合や企業、自治体など約200の団体が導入している。その一つである大阪府豊中市にも取材を行った。

 「豊中市では、以前より健康寿命を伸ばす事業に取り組んでいます。これまで血管強化や減塩といったプロジェクトにより、市民の健康に寄与してきました。その一環として、健康を阻害する喫煙を解消するために、昨年9月にascure卒煙プログラムを導入し、とよなか卒煙プロジェクトを開始しました」と話してくれたのは、豊中市健康医療部次長兼健康政策課長・ 田上淳也さんである。

 今年9月末までに445名の市民が、このプロジェクトに参加しており、700名以上がアプリをダウンロードしている。ちなみに、豊中市在住者は無料、在勤者は3000円と安価で利用できるようになっている。

 「私自身、今回の禁煙支援に立ち上げから関わってきましたので、多くの方にご利用いただいていることをうれしく思っています。ご家族の応援を受けてがんばっていらっしゃる方もいますので、ぜひ禁煙に成功してほしいですね。豊中市は『いつもきれいな空気が吸える町』でありたいと考えています」(田上淳也さん)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング