試乗スケッチ

力強いのに紳士的な振る舞い 縦長グリル輝く正統派クーペ「BMW M440i」

木下隆之
木下隆之

名車の魂を受け継ぐキドニーグリル

 BMWの誇る正統派クーペ「4シリーズ」がフルモデルチェンジ。日本市場に投入された。BMWのラインナップでいえば、2、4、6、8の偶数グレードにクーペが設定されており(現在は6シリーズのみ不在だが)、一足早く、新世代の縦長の「キドニーグリル」となって誕生したのが印象的だ。

 4シリーズの中でまず、M440iと420iの2グレードが先行してデビュー。武闘派のM4や爽快なオープンエアーが堪能できるM4カブリオレや、あるいはスタイリッシュ4ドアのグランクーペは遅れてのデビューとなる。しばらくは、日本市場新旧併売なのである。だからこそ、真っ先に海を渡ってきたM440iに注目が集まる。

 そしてその視線は、存在感豊かなキドニーグリルに注がれる。先代のキドニーが横長だったのとは打って変わって、天地に量感のある縦長になった。これからのBMWキドニーを象徴するような、古代ギリシャ神殿を想像させるような造詣になったのである。

 最近のBMWが、キドニーグリルの巨大化を進めているのには理由がある。2019年には約72万3000台を販売し、前年比で13.1%も増加した中国市場を意識しているからである。BMWの日本での販売は約4万6000台である。それでも輸入車のトップに並んでいるというのだから人気のモデルには違いないが、中国との差は圧倒的だ。となれば、威圧的な顔つきを好む中国の趣味嗜好(しこう)を取り入れなければならず、グリルが巨大化したのである。そう考えてもいい。

 ともあれ、中国に迎合したわけではない。縦長のキドニーグリルはむしろBMWの伝統でもある。1933年にデビューしたBMW初のオリジナルモデル「303」はすでに縦長のラジエターグリルを備えていた。1936年に誕生したBMW328は、その伝統を受け継ぎ、スタイリッシュな走りのモデルとして昇華、そのフロントマスクには燦然(さんぜん)とキドニーグリルが輝いているのだ。起源へのオマージュでもある。

 キドニーとは、英語で腎臓を意味する。大きな開口部が対になって並ぶ様子が造形的に腎臓に似ていることからそう呼ばれることになった。腎臓と呼ばれたのは、その開口部が縦長だったからである。つまり、古くからBMWのキドニーグリルは縦長であり、昨今の中国市場を意識したということだけが理由ではなさそうだ。

 BMWではそれを公言している。1936年デビューのBMW328だけではなく、BMW635iやBMW2002といった伝説の名車も縦長キドニーであり、その魂を受け継いでいるという。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング