試乗スケッチ

新型レクサスIS“マイナーチェンジ”が物語る妥協を許さぬ真摯な開発スタイル

木下隆之
木下隆之

 本質的には「フルモデルチェンジ」

 ISとしては3代目となる現行型のデビューが2013年。もう8年目を迎えることの鮮度維持策としてエクステリアだけを改良したのではない。小手先の細工で新鮮味を与えようとしたのではないのである。

 プラットフォームは踏襲しているものの、走りの完成度は劇的に変わっている。ボディ剛性は格段に引き上げられているし、タイヤサイズが1インチアップされた。試乗車のIS350Fスポーツでは、フロント235/40R19、リアが265/35R19。なんと19インチになったのである。全幅の拡大は主にフレア状のオーバーフェンダーに振り分けられている。幅広スタンスになったのは、この大径タイヤを履きたかったからである。

 しかも、ハブボルトの締結構造が採用された。これまでのような、ホイールハブ側からスタッドボルトがのび、ナットでホイールを抑える方法ではなく、ボルトを挿し込む形状に大変身したのだ。

 ホイールを覗いた程度では、ハブボルト締結構造であるかを見破ることはなかなかできない。だがこれが実は大きな効果を生む。ボディとタイヤを強硬に締結させることが可能になった。つまり、走りの剛性感が格段にアップすることになったのだ。小手先の改良でも、新鮮味を得るがための改良ではなかったことは、アピール度が低いにもかかわらず手を加えたことからも想像できるのである。

 タイヤの接地を見放すようなうねった路面を高速で突き進むと、その差は歴然とする。ステアリングの応答性は鋭いのに、リアのスタビリティ(安定性)が格段に高く感じるのだ。ドライバーへの安心感でもある。

 公式的にはマイナーチェンジと言わざるを得ない。だが、本質的にはフルモデルチェンジと言いたくなる。そしてそれは、目立たぬところにも妥協することなく手を加えた、レクサスの真摯(しんし)な開発スタイルを物語っていた。

木下隆之(きのした・たかゆき)
木下隆之(きのした・たかゆき) レーシングドライバー/自動車評論家
ブランドアドバイザー/ドライビングディレクター
東京都出身。明治学院大学卒業。出版社編集部勤務を経て独立。国内外のトップカテゴリーで優勝多数。スーパー耐久最多勝記録保持。ニュルブルクリンク24時間(ドイツ)日本人最高位、最多出場記録更新中。雑誌/Webで連載コラム多数。CM等のドライビングディレクター、イベントを企画するなどクリエイティブ業務多数。クルマ好きの青春を綴った「ジェイズな奴ら」(ネコ・バプリッシング)、経済書「豊田章男の人間力」(学研パブリッシング)等を上梓。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

【試乗スケッチ】は、レーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、今話題の興味深いクルマを紹介する試乗コラムです。更新は原則隔週火曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【クルマ三昧】こちらからどうぞ。YouTubeの「木下隆之channel CARドロイド」も随時更新中です。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング