試乗スケッチ

人の感覚に寄り添う“レクサス・チームメイト” 運転支援技術の進化に驚いた

木下隆之
木下隆之

 目線に反応し機能が作動

 今回発表された新型レクサスLSに搭載されたのは、「レクサス・チームメイト」と呼ばれる高度運転支援技術のひとつ、「アドバンスドドライブ」(Advanced Drive)である。

 高速道路や自動車専用道路での使用に限定されるものの、一部ハンズフリーでの走行が許される。ドライバーの監視のもと、アクセルやブレーキ、ステアリング操作から解放されるのだ。カーブでは適切な速度でコントロールし、渋滞路でもゆったりと先行車に追従する。スロー走行車両の追い越しなども、安全に、静かに制御される。

 米国SAE(自動車技術会)が示した運転支援技術で言えばレベル2となる。先行車追従や車線変更など、これまでもレクサスが採用してきた技術である。だが、レベル分けすることが無粋に思えるほど、その内容は進化していた。

 たとえば、アドバンスドドライブの設定は、ステアリング上のスイッチを1回押すだけで完了する。あくまでカーナビに目的地を設定した上での制御にはなるものの、スムーズにシステムを立ち上げることができる点が新しい。これまでのように階層をめぐって機能にたどり着くような煩わしさがないのだ。

 スロー走行車両の追い越しは、目線を動かすだけで機能が開始する。先行車との明らかな速度差が検知されると、車線変更の希望の有無を問いかける。スイッチで承諾すれば、機能が働く。メーター内には、ドライバーの視線の移動や首の角度を監視するカメラが内蔵されており、サイドミラーで後方を確認したと判断された場合のみ車線変更が開始されるのである。

 ポイントはそこ。あくまでドライバーの安全確認行動が前提である点だ。車線変更時には手をステアリングに添えていなければならない。ハンズフリーでの横移動はこれまであったものであり、今となっては驚くほどの技術ではない。だが、あえてハンズオフを規制している点が新しい。

 それを体験してあらためて「レクサス・チームメイト」の言葉の意味を理解した。高度な技術とドライバーがそれぞれ得手不得手を補完しあってこそ、スムーズな高度運転支援技術が成り立つという考え方である。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング