試乗スケッチ

戦闘力が増したルノー「メガーヌR.S.」 鋭い旋回性能を生む4コントロール

木下隆之
木下隆之

 箱根のワインディングで開催されたルノーの「メガーヌR.S.」の試乗会は、春うららかな好天に恵まれた。この手の過激なスポーツモデルを試乗するには、この日のようなカラッと晴れた天候はありがたい。とくにマイナーチェンジを受けたメガーヌR.S.の戦闘力はさらに増しており、仮にウェットな路面ともなれば、その研ぎ磨かれた性能を引き出すのは困難だっただろう。

 新型メガーヌR.S.はまず、パワーアップが図られた。水冷直列4気筒1.8リッターターボエンジンは279psから300psに増強されている。すでにメガーヌR.S.の戦闘マシンである「メガーヌR.S.トロフィ」がそのエンジンを搭載しており、世界最速記録を奪い争っている。世界一過酷とされるドイツのサーキット、ニュルブルクリンクでのレコード争いに名乗りを上げており、量産車FF駆動世界最速の座に輝いたこともある。ちなみに最大のライバルは「ホンダ・シビックタイプR」であり、熾烈なバトルを繰り広げているのだ。その戦闘マシンの心臓部が移植されたのだ。

 1.8リッターが絞り出すパワーとしては300psは驚異的であり、いかにもターボ過給に頼った力強い加速フィールが炸裂する。過給圧がフルチャージした途端、何かが破裂したかのようにドカンと加速する。それを称して「ドッカンターボ」。カーフリークが愛情を込めて口にする、それである。

 だが、このマシンのすごみはそこだけではない。FF駆動と耳にすれば、多少の旋回性も犠牲にした感覚を想像する御仁もおられようが、メガーヌR.S.はどこか4WDであるかのような操縦特性を披露する。FFにありがちな前輪に頼って走る感覚ではなく、後輪で回し込む感覚が強い。慣性力に負けてコーナーをはらんでいるアンダーステア気味の挙動はほとんど顔を出さないのだ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング