試乗スケッチ

二つの表情を見せる新型「ヴェゼル」 さらに磨きがかかったホンダの“屋台骨”

木下隆之
木下隆之

 ホンダの屋台骨を支えるコンパクトSUV「ヴェゼル」がフルモデルチェンジされた。売り上げ好調だった先代を受け継ぐ2代目は、基本的にはキープコンセプト。とはいえ、視点を変えて観察すると、ガラリと意匠を変えたように二つの表情を見せるのだ。

 エクステリアを眺める限り、先代の面影は薄い。細部にはヴェゼルらしい造形が確認できるものの、フォルム全体から漂うオーラは先代のような庶民的なまとまりではなく、どこか欧州車的な華やかな雰囲気が漂う。したがってボディサイズはほとんど変わっていないのに、大きく堂々として映る。存在感が際立っているのだ。

 スリーサイズにはほとんど違いがないが、室内空間には余裕がある。特に後部座席の足元は先代比で35ミリも余裕がある。着座点も高いから視界も開ける。試乗グレードの「ヴェゼルPLaY」には、広大なガラスルーフが広がる。開放感は飛び抜けており、機能性だけではなくプレミアムな遊び心が感じられるのだ。SUVの主役は運転手のように感じていたが、後部座席に座るパッセンジャーが主役に躍り出せたように思う。

 走りの性能も際立っている。搭載するパワーユニットは2タイプ。ホンダの伝家の宝刀である2モーター「e:HEV」(イーエイチイーブイ)ハイブリッドとガソリン仕様である。今回はハイブリッドを選択したのだが、走りの成熟度は高い。

 ホンダの「e:HEV」は、「シリーズ・パラレル式」と「シリーズ式」の“いいとこどり”でもある。通常はガソリンエンジンは発電機として機能し、それによって蓄えられた電力でモーター駆動する。したがって走りはEVそのものだ。だというのに高速域ではエンジンと駆動輪を直結する(試乗車はFF)。それによってガソリンモデルであるかのような高い効率で走行するのだ。

 エンジンの回転フィールは上質である。直列4気筒1.5リッターは気持ち良いバイブレーションを響かせる。ゆえにEV走行での静粛性が際立っているだけでなく、エンジンが始動しても不快感はない。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング