試乗スケッチ

日産ノートに3ナンバー登場 ちょっと大人の“オーラ”をまとった新モデル

木下隆之
木下隆之

 日産がニューブランド「ノート・オーラ」を発表し、発売を前に試乗することが許された。ステージは日産のテストコース。勢いを失っていた日産が「ノート」や「キックス」で浮上する気配が漂い、「フェアレディZ」のフルモデルチェンジがティザー的に公開され、さらには新世代の電気自動車(EV)「アリア」がデビューを控えている。明るい話題が続くこの時期、ニューカマーが姿を現したのである。

 1ランク上の静粛性

 その名から想像されるように、ノート・オーラはノートの派生車種となる。基本的な骨格やパワーユニットはノートをベースにしている。

 最大のトピックは、ボディサイズが拡大されたことだ。といってもノートとの全幅の差は+40ミリでしかない。全幅1695ミリだったノートのフェンダー周りを広げることで、全幅1735ミリになった。5ナンバー枠に留めるためにスクエアなボディスタイルだったノートに比較すると、わずかにのびやかな印象。規格上は3ナンバーとなる。

 室内空間はノートと違いはない。だが、コンパクトモデルとしては贅沢にシートを3層構造とするなど乗り心地にこだわっているし、ツイード素材や本木目調のバネルを多用するなど装飾も豪華。高音質のBOSE製オーディオも8スピーカーとするなどノートとの差別化は徹底している。

 走りの質感にも向上の跡が確認できる。天井やガラスにも、コンパクトクラスとしては異例に豪華な吸音材が張り巡らされており、静粛性が一段と高い。乗り心地もひときわ整っている。

 パワーユニットは、e-POWER。直列3気筒1.2リッターエンジンは、そもそも発電機としてしか機能しない。だが、エンジン出力が高められ、さらに駆動モーターも280N・m(ニュートンメートル)から300N・mへスープアップ。発進加速の力強さが格段にアップした。低回転域からの発進は電気モーターならではのハイレスポンスなもので、数値から想像するよりはるかに俊敏な走り味を披露する。

 駆動方式は4WD。フロント駆動ではなく、リアからの押し出しも強い。実はノート・オーラは、減速時の回生効果をリアタイヤにも依存している。そのために、減速時にもボディが前のめりになりづらく、フラットの姿勢を保つ。マナーがとても良いのだ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング