宇宙開発のボラティリティ

「どこに落ちるか分からない」中国ロケット、米国の非難は妥当なのか

鈴木喜生
鈴木喜生

米国が抱く「畏怖」が、中国の勢いを証明

 米国などによるこうした“対中国キャンペーン”が、中国に対する畏怖の念に起因していることは明らかです。近々、国際宇宙ステーション(ISS)が退役・破棄されれば、地球周回軌道上にある宇宙ステーションは、中国宇宙ステーションだけになる可能性があります。

 2018年には月の裏側に史上はじめて無人ローバー「嫦娥4号」を着陸させ、2020年12月には、月からのサンプルリターンに成功し、2030年にはロシアとともに月面基地の建設をはじめようとしています。先月5月14日には、火星探査機「天問1号」のランダーと、探査ローバー「祝融」の着陸にも、米国に続いて世界で2番目に成功しています。

 欧米諸国が一方的に突きつける「世界のルール」に乗っ取らず、習近平の意向と国益を優先する中国の宇宙開発は、今後もさまざまな波紋を呼ぶに違いありません。

出版社の編集長を経て、著者兼フリー編集者へ。宇宙、科学技術、第二次大戦機、マクロ経済学などのムックや書籍を手掛けつつ自らも執筆。自著に『宇宙プロジェクト開発史大全』『これからはじまる科学技術プロジェクト』『コロナショック後の株と世界経済の教科書』など。編集作品に『栄発動機取扱説明書 完全復刻版』『零戦五二型 レストアの真実と全記録』(すべてエイ出版社)など。

【宇宙開発のボラティリティ】は宇宙プロジェクトのニュース、次期スケジュール、歴史のほか、宇宙の基礎知識を解説するコラムです。50年代にはじまる米ソ宇宙開発競争から近年の成果まで、激動の宇宙プロジェクトのポイントをご紹介します。アーカイブはこちら

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング