試乗スケッチ

ホンダ新型「シビック」「ジェネレーションZ」ターゲットに“若返り”図る

木下隆之
木下隆之

 11代目となる新型「シビック」が誕生する。市販前のモデルという都合上、許されたホンダ栃木テストコースでのドライブ限定ではあるものの、最新の試乗記をお届けする。

 狙うはデジタルネイティブ世代

 1972年に誕生し、来年で50周年となるシビックは、のちの「MM思想」(マン・マキシマム/メカ・ミニマム:人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に)につながる斬新なコンセプトで生を受けた。世界170カ国で販売され、累計2700万台という途方もない販売台数を記録した、ホンダの代表的なモデルである。

 そのシビックが新型で狙いを定めたターゲットユーザーは「ジェネレーションZ」。1990年から2000年後半に生まれたデジタルネイティブ世代であり、生まれながらにしてSNSに触れており、社会の責任や評価に敏感、特別感があり親しみやすい物を好むとされている世代へ切り込むという。劇的な若返りである。

 スマホ世代の彼らとは年齢的に隔たりのあるバブル世代の筆者が、若返りを模索する新型シビックを評価する資格が果たしてあるのか迷いはしたが、僕にも自然に受けれいやすい仕上がりだったことが、シビックにとっていいことだったのかどうなのか…である。

 掲げたグランドコンセプトは「爽快シビック」。たしかに造形はすっきりとシンプルであり、先代がそうであったようなゴテゴテと着飾ったデザインからの決別が滲む。

 全長とホイールベースが伸ばされていながら、全高は抑えられている。前後に伸びやかなスリークな印象が強い。ジェネレーションZはつまり、免許取り立ての若者から20代後半のヤングファミリー。そんな若い世代へのラブコールではありつつも、団塊ジュニア層にも受け入れられそうな雰囲気を感じた。子育てファミリーにも都合がいい。あるいはさらに高齢のバブル世代、さらに上の悠々自適なリタイヤ組にも受け入れられそうな雰囲気がある。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング