試乗スケッチ

ロードカーの名を冠した「ノートオーラNISMO」 上質さの中にある攻撃的な走り

木下隆之
木下隆之

 経営的低迷期から脱するように、2期連続の赤字から脱却。コロナ禍からアメリカ市場が回復していることもあり、今年度1年間の最終損益が600億円の黒字となる見込み。日産復活の気配を感じる。

 コンパクト攻勢を強化

 復活と同調するように、日産のコンパクトカー攻勢が賑やかである。販売好調の「ノート」が新型になって登場したのも束の間、ノートの上級モデルである「ノートオーラ」が誕生したのが先月のこと。ノートが5ナンバーだったのに対してノートオーラは3ナンバー。車格感を増して、「プレミアムコンパクト」という新ジャンルを開拓しようとしている。

 ともに、パワーユニットは人気のe-POWER。同じ骨格とパワーユニットではすでにSUVの「キックス」がある。この先には真打「アリア」が控えている。日産が矢継ぎ早に新車を投入している。C・ゴーンの負の時代にはほとんど新車がリリースされず、販売は低迷。赤字の時期を続けていたのだが、それを跳ね返す勢いなのである。

 そんなコンパクト攻勢の最中、新たに「ノートオーラNISMO(ニスモ)」を追加したというのだから、鼻息は荒い。

 ベースがノートオーラであることはその名から想像する通りだが、e-POWERハイブリッドモデルをスポーティーに仕上げた点が特徴である。ニスモは日産のモータースポーツ部隊であり、その名をもっともスポーティーなグレードに据えたグレード構成は定着しつつある。モータースポーツでの活躍に同調するように知名度を上げつつあり、その勢いを後押しする。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング