記事詳細

【木下隆之の試乗スケッチ】ジムニー スズキが誇る唯一無二の軽4WDが進化 オンも快適

更新
ジムニー 1/12枚

 スズキが軽自動車唯一の本格的4WD「ジムニー」の生産を開始したのは1970年。当時のプレスリリースに気持ちが揺さぶられる。

<< 下に続く >>

◆半世紀でフルモデルチェンジはわずか3回

 「現在、四輪駆動車の生産は全社で約5000台程度である。これらは2000~3000ccの排気量であり価格も90万円~100万円とかなり高価だ。しかも需要は産業用、法人用に限られている。(中略)これからは山岳、積雪地帯の商店、製造業、狩猟、つりなどから遊びの車としてのレジャーカーに至るまでの個人需要も含めて開拓できるものと期待されている」

 価格を抑えることで、本格的4WDが市民の足となり、日本人の生活を豊かにすると期待した。そんな熱い志でジムニーは開発されたのである。その志はいまでも貫かれている。

 それが証拠に、ジムニーが誕生してからもう48年が経つ。驚かされるのは、48年という月日の長さではなく、48年も支持されてきたというのに、今回の新型がようやく4代目だということ。初代が11年間、2代目が17年間、3代目に至っては20年間もの長い期間、フルモデルチェンジされてこなかったのである。

 1955年に誕生したトヨタクラウンは今年のモデルで15代目になる。単純に割り算をすれば4.2年になる。一般的なモデルサイクルは約4年である。4年でユーザーの嗜好は変わり飽きられる。

このニュースのフォト

  • ジムニー
  • ジムニー
  • ジムニー
  • ジムニー
  • ジムニー
  • ジムニー
  • ジムニー
  • ジムニー
  • ジムニーの車内
  • ジムニーの車内
  • ジムニーのシフトレバー

ランキング