記事詳細

【CAのここだけの話♪】国際線CAに学ぶ風邪対策 気温差30度超の国々を飛び回るプロの工夫とは

更新

 SankeiBizの読者の皆さんにだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第44回は東南アジア系航空会社に日本人CAとして乗務3年目の長濱知勢がお送りします。

<< 下に続く >>

 毎日寒い日が続きますが、皆さんの風邪対策は万全ですか。今回は国際線客室乗務員が日々実践している風邪対策をご紹介します。

 皆さんは機内や滞在先のホテルで風邪をひいたり、悪寒がした経験はありませんか。

 特に長距離路線の機内では湿度が10%以下になることもあり、これは砂漠よりも乾燥した状態です。湿度が低く、空気が乾燥していると風邪やインフルエンザのウイルスも乾燥して軽くなり空気中を浮遊する時間が長くなります。もし皆さんが搭乗した飛行機がこのような空間だとしたら不快でゆっくり休めませんよね。飛行機に乗る際はしっかりと風邪対策をして、快適にお過ごし下さい。

旅慣れていても冬は難しい

 さて、私たち国際線客室乗務員は1年の3分の2にあたる日数を乗務し、滞在先のホテルに宿泊するといった生活を送っています。そんな旅慣れている私たちでも特に体調管理に気を遣うのが寒い冬の時期なのです。

このニュースのフォト

  • オーストラリアのブルーマウンテンズ国立公園のキングステーブルで。柵がなく、開放感たっぷり(長濱知勢さん提供)
  • ロシア・モスクワの赤の広場に建つ「聖ワシリイ大聖堂」(長濱知勢さん提供)
  • タイ・バンコクの寺院「ワット・パクナム」の天井画(長濱知勢さん提供)
  • マレーシア・クアラルンプールの「ブルーモスク」(長濱知勢さん提供)
  • タイ・チェンマイの首長族の村で、村の女性と一緒に記念撮影(長濱知勢さん提供)
  • パリ・モンマルトルの「ジュテームの壁」。300の異なる言語で愛の言葉が書かれています(長濱知勢さん提供)

ランキング