5時から作家塾

フィリピン・マニラに設置予定だった4カ所目の慰安婦像 設置支援の背後にある団体とは

筑前サンミゲル
筑前サンミゲル

 2019年8月25日、フィリピンの首都マニラの教会敷地内に同国4カ所目となる慰安婦像と記念碑の除幕式が行われた。もっとも慰安婦像はなく、設置予定の高さ1.5メートルくらいの黒い台座と銀色のプレート碑のみでの除幕式だった。それから続報がなかったので、11月中旬に現地を取材してみた。

 場所は、ニノイ・アキノ国際空港の一部があるパラニャケ市にある同市最大のカトリック教会「バクララン教会」の敷地内。同市は、メトロマニラと呼ばれるマニラ圏を構成する1市で、高層ビルが立ち並ぶ副都心といった経済エリアだ。同教会から日本大使館は、マニラ湾に沿って1本道で1キロメートルほどの場所に位置する。

 訪れた日は平日の昼前だったが、多くのカトリック信者たちで賑わっていた。治安に不安があるマニラらしく、入り口では2人のガードマンが荷物検査や通過する車の下へ鏡を入れて爆弾チェックをしている。異教徒でも別に訝しがられることなく入ることができた。

 大聖堂は巨大で、南国らしく風を入れるための窓が大きく設けられており、多くの扇風機が信者たちの熱気をかき回している。

 台座以外何もなかった

 慰安婦像の場所を8月の報道写真から探すも、なかなか見つけることができない。何人かに尋ねていくと大聖堂を正面に見て入り口との中間ほどの場所右手の壁際にその場所があった。

 なぜ見つけるのに苦労したかと言うと、黒い台座以外何もなかったからだ。除幕式のときにあったプレート碑も設置されておらず、台座の接地面を見るとコンクリートや接着した跡もなく真っ平らなので慰安婦像自体も設置していないようだ。

 台座の土台部分は、ちょっと座りづらそうなベンチになって若い信者たちの語り場になっていた。

 教会関係者へ、あの場所に像は設置されたのかと尋ねると、「まったく分からない。どんな除幕式があったかも私は知らないので設置されたかも知らない」と関心は低そうに感じた。

 教会の敷地内なら公権力によって撤去されないだろうとこの場所が選ばれたようだが、慰安婦像自体は設置されず、プレート碑も確認できなかった。

 実は、ここへ設置される予定だった慰安婦像は、フィリピンで最初に設置された慰安婦像を移築する予定だったが、なぜか未遂に終わっていた。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング