CAのここだけの話

ヨルダン弾丸ツアーで死海に浸かってみた CA旅行記であなたも旅した気分

バーバリッチ真理
バーバリッチ真理

 SankeiBiz読者のみなさんだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第76回は中東系航空会社に勤め乗務4年目のバーバリッチ真理がお送りいたします。

 皆さま、ヨルダンとはどんな国かご存知でしょうか。ヨルダンは北海道と同じくらいの面積でイラク、サウジアラビア、シリア、イスラエル、パレスチナに囲まれています。なかなか“刺激の強い国”を想像されるかもしれますが、ヨルダン自体は比較的治安は良く、むしろ中東地域の治安の安定には重要なポジションにある国のようです。

 ただ、他の中東地域のように石油などの天然資源が採れず、観光業が主な産業となっているため、物価が特別高いわけではありませんが、交通手段や観光地での食事・買い物など観光に関わるものはかなり割高となっています。

 2泊3日の弾丸旅行

 私はそんなヨルダンを旅行で訪れました。新型コロナウイルスのパンデミックで、旅行も、自粛どころか渡航すら制限されているこのご時世です。この旅行記で、少しでもヨルダンに思いを馳せ、皆さまに、自らが訪れた気分を味わってもらえたらうれしいです。

 今回の旅は、ドバイからヨルダンの2泊3日の弾丸旅行で、ヨルダン内の移動はすべてエアポートタクシーにお世話になりました。空港に待機しているタクシーで、交渉によって、数日間にわたり契約することができます。一般のタクシーに比べて、車の質が高く、運転手には英語を話せる人が多いようです。ちなみに、ヨルダンでは、配車サービスアプリUberはほぼ使えません。

 こちらが旅程です。

1日目 ドバイ発―アンマン空港到着…(車で約3時間)…ペトラ遺跡

2日目 ペトラ…(車で約2時間)…死海…(車で約30分)…温泉ホテル

3日目 温泉ホテル…(車で約1時間)…アンマン空港到着

 すべての観光地が遠いので、正直、移動中はちょっとした我慢強さが必要です。

 「インディ・ジョーンズ」のロケ地

 ペトラ遺跡は映画「インディ・ジョーンズ」の撮影地にもなった世界遺産で、世界七不思議にも選出された広大な遺跡です。入場料は50JD(約7600円)と割高なので、時間をかけて楽しんで頂きたい場所です。私の場合は行きも帰りも歩いて頂上まで行き、約3時間半で帰ってくることができました。

 ローマ帝国の支配を受けた時に神殿などが建設されたので、中東の古代遺跡にいるのにローマ風の街並みも見ることができる、ちょっと不思議な遺跡です。有名なエル・ハズネ神殿は入口から約20~30分歩いたところにあるので、無理なく誰でも見に行くことができます。

 頂上までは途中から少し険しい道を登る必要があり、なかなか気合いが必要なので、体力のある方にはぜひ挑戦して頂きたいです。また、日が暮れると明かりが全くなくとても危険なので、明るいうちに下山することをお勧めします。

 ペトラでは遺跡近くにある「The Old Village Hotel and Resort」というホテルに宿泊しました。実際の遺跡を改装した、とても趣のあるホテルです。広い敷地内に古代遺跡の雰囲気が残っており、ホテル内も楽しく散策できました。

 トマトがしょっぱい!

 2日目は午前10時頃にホテルを出発。木や花などの緑は多くありませんが、広大な自然の中のドライブは空気が澄んでいて、とても気持ちが良かったです。

 死海に近づいてきた道中で広大なトマト畑があったのですが、ここで面白い体験をしました。ドライバーが突然路地に止まり、畑のトマトを数個積み始め「食べなよ!」と差し出してくれました。勝手に採っていいのかな? と思いながら、おそるおそる食べてみると…なんと少ししょっぱい!

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング