働き方ラボ

コロナ禍の「新しい世界」を生きる新入社員へ 悩みを抱え込むな

常見陽平
常見陽平

 社会の前提が違う「新しい世界」の1年生

 10月がやってきた。企業に新人が入ってきて半年がたった。毎年、「今年の新入社員は○○型」「新入社員にとって、理想の上司」などが話題となる。しかし、老若男女問わず新型コロナウイルスが直撃した今年においては、この手の新入社員に関する調査は牧歌的なものに感じてしまう。なにせ、生きる社会の前提が違いすぎる。

 企業も、学校も「1年生」にとっては酷なものになった。皮肉なことに彼ら彼女たちは、新しい世界の1年生となってしまった。世界的にも「ロックダウン世代」という言葉が広がりつつある。

 大学では、入学した途端にオンライン講義がスタートした。東京の大学に進学したが、上京せずに(できずに)地元から参加する学生もいた。勤務先の大学では、対面講義が一部、再開となった。もっと歓喜に満ち溢れると思っていたが、学生はやや戸惑い気味だ。逆にオンラインの講義に慣れてしまったからか、対面の講義に参加することや、同級生との交流については、むしろ慣れていない様子で、どこかぎこちない。

 企業でも、入社式から新人研修までをオンラインで行った上に、その後もテレワークという企業が散見される。10月1日には内定式も行われたが、こちらもオンライン開催が目立った。

 様々なイベントや研修、さらには配属後の実務がオンライン化されただけではない。今年の新人は、配属においても悩みを抱えているようだ。新卒、総合職で入社すると、勤務地、事業部、職種などは希望通りにいかないこともある。企業で人事をしているときには、希望外の配属を聞いて黙って泣き出す新人は毎年いた。ただ、今年はこのような問題のレベル感が違う。新型コロナウイルスショックで、配属される予定だった部門、職種が突然変更されたり、予想外の仕事につくという例も散見された。さらに、入社した途端に緊急事態宣言で、自宅待機という状態の企業もあった。まさに踏んだり蹴ったりだ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング