働き方ラボ

就職・転職活動を効率的に進めるスマホ「フル活用術」

常見陽平
常見陽平

 新しいiPhoneが発表された。明日、23日には店頭に並ぶ。悩んだ末にiPhone 12 Proの256GBモデルを予約した。2年間XS MAXの256GBモデルを使用していたが、子育てをしているとポケットからの出し入れがしやすいことが大切であり、自宅にいる期間が長くなり何かを閲覧するときにはiPadやPCを使う機会も増えたので、サイズダウンを決断した。もっとも、12シリーズはベゼルをさらに薄くしており、画面のサイズが5.8インチから6.1にアップしており、XS MAXから乗り換えても劇的なサイズダウンにはならない。写真はきれいにとりたいのでPro一択だった。届くのが楽しみだ。

 さて、iPhoneにせよ、アンドロイドにせよ、スマホは就職・転職活動に便利だ。最近は各種求人アプリも充実している。求人サービスも10年近く前からAIやビッグデータを活用し、ベストなマッチングを実現しようとしているし、自ら応募するだけでなく、スカウト型のものなども広がりを見せている。

 ただ、このような求人サービスだけでなく、ベーシックなアプリを使いこなすだけで、就職・転職活動は劇的に進化する。しかも、スマホが普及してかなりの時間が経つのに、その活用法はマニュアル本にはいまだに反映されていない。本が売れない時代になっているし、この手のノウハウはネットに移行しつつある。ただ、ネット上の就職・転職ノウハウにおいても、スマホの活用術はまだまだ反映されていない。

 コロナショックを受けて、転職を考える人もいることだろう。気の早い話だが、2022年卒の就活も事実上スタートしている。スマホを活用した就職・転職のコツを考えてみよう。

 自己分析に効果発揮 スマホの「写真アルバム」

 私がオススメするのは、写真アルバムだ。これをフル活用することによって、自己分析も効果的に行うことができるし、新卒のエントリーシートも、中途採用での職務経歴書も驚くほど楽につくることができる。

 自己分析の手法として「自分史分析」や「ライフラインチャート分析」というものがある。どちらも自分のこれまでの歩みを振り返るという点では共通している。前者は自分のこれまでの歩みを年表に書き出す。後者は歩みを振り返りつつ、自分の気持ちの浮き沈みなどを記述する。この手法がNGだとは言わない。書き出すことによって、自分の歩みを棚卸しし、意味づけするということには意味がある。ただ、写真アルバムを活用すると、これを効率的に行うことができる。今までにとった写真を見返してみる。これにより、自分のこれまでの歩みや、成功・失敗体験、大事にしていたことなどを振り返ることができる

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング