ビジネストラブル撃退道

「怖くて妻に言えない」コロナで収入激減…メルカリで稼ぐ夫たちの裏事情

中川淳一郎
中川淳一郎

 当連載は「ビジネストラブル」をテーマとはしているが、今回はビジネストラブルが発生した場合、「家庭への対処」がどれほど重要となるかを示す。最近立て続けに聞いた話は、いずれも「妻にビジネストラブルを正直に報告しなかった」というものである。

 「収入激減」をひた隠し…

 これを30代男性1人、40代男性2人から聞いたのだが、思わず「お前、ちゃんと本当のこと言えよ!」と言ってしまった。大まかにいうと、コロナの影響もあり、この3人は「給料減額」「ボーナス大幅減額」「非正規雇用で雇い止め」という事態に追い込まれた。

 これを妻に正直に言えなかったのだ。どれもこの3人が悪いわけではない。あくまでも社会情勢が悪いだけである。まともな人間であれば、こうした事情は説明したら「しょうがないね」となるとは思うが、彼らの意見を総合すると以下のようになる。

「僕の妻は、僕の稼ぎが元々悪いことを非難してきた。当然、社会情勢が悪いことも理解しているが、こうした状況下で生活が変わらない人も大勢いる。その人たちと比べて夫である僕のことを不甲斐ない男だと思い、猛烈に批判してくる。だから本当のことが言えない」

 このうち1人は妻からDVを受けた過去もあるそうで、恐ろしくて本当のことを言えないというのだ。本当は「減額」「大幅減額」「雇い止め」なのに、「少し減額」「減額」「雇用は維持されたものの仕事減少」ということにして説明したのだ。

 彼らは毎月決まった現金を妻に渡し、そこから家計と自らの小遣いをやりくりしてもらっているのだという。その金額を減らしてもらったものの、その減額量よりも自身の収入が低下したことを隠している。

 給与明細は元々見せないというポリシーだったようだが、今回のこうした嘘を彼らがいかにして取り繕っているかといえば、全員がヤフオクやメルカリで小遣い稼ぎをしていた。雇い止めに遭った人物・A氏は、妻に伝えている「仕事をしているはずの日」はこれまで通りスーツを着てかつての上司が経営する会社の雑用をし、月に6万円貰っている。その元上司にしても、そこそこ信頼できる人材を安く使えるだけに助かっているという。A氏は今、必死にやることで元上司の覚えが良くなって平日は毎日通えるようになり、雇い止めをされた会社程度のお金を貰えるようになるべく日々頑張っている。その暁には「条件のより良い会社に転職できた!」と妻には伝えるつもりだという。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング