【5時から作家塾】ママたちの能力をフル活用! 急成長を遂げるベンチャー企業 (1/4ページ)

 愛知県蒲郡市。三河湾に面した人口8万人のこの町に、いま全国から注目を集める企業がある。

 レンタルドレス事業を運営する株式会社ミスコンシャス。パーティーや結婚式参列向けのブランドドレス・ワンピースを貸し出すサービスを展開しており、一週間2900円からという価格の安さ、在庫の豊富さ、使用後はそのまま送り返せばOK。こんな使い勝手の良さで、人気を集めている。

 2010年に開業、2012年に設立し、現在従業員は26名。その内23名が女性、21名が子育て中のお母さんである。大半がパートやアルバイトにもかかわらず、昨年の売り上げは3億円。前年比150%の伸び率を見せている。急成長といっても過言ではない。

ミスコンシャスでは、従業員26名中、21名が子育て中のお母さん。互いに助け合って仕事を進めている

ミスコンシャスでは、従業員26名中、21名が子育て中のお母さん。互いに助け合って仕事を進めている

 躍進の理由はどこにあるのだろうか。

 それは、女性スタッフの能力を引き出す数々の工夫にある。例えば、子ども連れ面接OK、社内にキッズルーム完備、残業はゼロ、ひとつの業務を複数で担当するワークシェアリング制など、子育て中の女性に配慮した働き方を実践している。

 「地方都市では優秀な人材を採用したくても集まらないという現実があります。その一方で、実力を持ちながらも、育児中という理由で他社から門前払いをされる女性が大勢います。働きたくても働けない。そんな悩みを抱えている女性が多いのです。最初から女性を積極的に採用しようと考えたわけではありませんが、優秀な人を選んでいった結果、従業員の9割を女性が占めるようになったのです」

 こう話してくれたのは、ミスコンシャスを創業し、社長として忙しい毎日を送る小山絵実さん(35)。小山さん自身も5歳の娘さんを育てているお母さんである。

育児中のスタッフの皆さんに聞いてみた