ブランドウォッチング

渋野日向子も着ている! ビームスがゴルフを楽しくする (1/3ページ)

秋月涼佑
秋月涼佑

 女子ゴルフのAIG全英女子オープンでの渋野日向子選手の優勝は素晴らしかったですね。日本人では42年ぶり2人目のメジャー制覇という快挙。彼女の素直で明るいキャラクターも世界から歓迎され、日本人としては誇らしいばかりでした。そして、彼女から伝わってくるゴルフの爽快感があらためて世の中のゴルフ気分を盛り上げているようで、ゴルフ好きの読者の方もうれしい状況ではないでしょうか。(筆者ももちろんです)

 尽きることがないゴルフの魅力

 ゴルフの魅力は多面的でまさに尽きることがありません。繊細でありながらダイナミックなスポーツとしての魅力、自然環境を満喫できるプレースタイル、世界各地の風土を反映したユニークなゴルフコースやクラブハウス。クラブ、ボールなど凝ろうと思えばいくらでも凝れるギアの世界。しかもスポーツを楽しみながら、同伴競技者と一日中楽しいコミュニケーションも図れてしまいます。多忙を極める名だたる経営者や政治家が、貴重な休日をなるべくゴルフのスケジュールで埋めようと一生懸命なのも納得なのです。

 ゴルフの世界にファッションがやってきた

 そんなゴルフの世界に、ファッションの楽しみが加わったのはいつ頃からでしょうか。

 かつて日本のゴルフ場は、いわゆる「接待」利用を前提にしたゴルフ場が多く、名門であればあるほど、ゴルフ場での装いもビジネススーツに準じるスラックスに地味な開襟シャツをもって良しとされてきました。しかし時代は流れ、企業の交際費の使い方も変化し、いわゆる経費族の巣窟としてのゴルフ場経営は成り立たなくなり、プライベート利用の予約が否が応でも多くなってきました。最近では、ネットを活用した「一人予約」なども活発で、メンバーでなくともゴルフ愛好家同士が集まってラウンドできるなど、プレーを主眼とした運営に変化してきました。

 また、クールビズやIT業界を先頭にする職場でのドレスコードのカジュアル化などの潮流も受け、年々ゴルフウエアに対する自由度も上がってきており、いまやよほどの名門でもない限り、厳格なドレスコードでとやかく言うコースに出会うことは少なくなりました。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus