働き方

女性社員支援へ「企業内大学」 東京海上HDが設置、グループ19社対象

 東京海上ホールディングス(HD)は、傘下の東京海上日動火災保険、東京海上日動あんしん生命保険など国内グループ19社の女性社員のキャリアアップを支援する企業内大学を新たに設置する。年齢、職種、役職に制限を設けず、グループ横断的に多種多様な人材が自発的に参加する仕組みで28日に初回の講義を実施し、来年2月まで毎月1回、計6回のカリキュラムを予定している。

 新設する「Tokio Marine Group Women’s Career College(TWCC)」は昭和女子大学ダイバーシティ推進機構の熊平美香キャリアカレッジ学院長がプログラムを監修し、「女性社員が自らのキャリアを考え、発意を持って自己開発に取り組める学びと経験の場」と位置付けた。

 6回の講義はすべて通常業務外で子育て中の受講者も参加しやすい土曜日に開催。地方在勤者を含め、抽選で絞られた72人が参加する。一般的な社員研修と一線を画し、自主参加で女性社員の自己研鑽(けんさん)を後押しするため、開校する都内の研修所への旅費など講義への参加費用は自己負担とした。

 また、キャリアアップ支援だけでなく、キャリア形成に不安や悩みを抱える業種の異なるグループ横断の女性社員間の交流の場として、今後、SNSなどを使ったプラットフォームの構築も検討するという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus