社会・その他

成田国際空港会社、国交省提案も着陸制限の要請せず 台風15号で混雑

 台風15号の影響で主要交通機関が運休し、成田空港(千葉県)に最大で利用客約1万7千人が足止めされた問題で、成田国際空港会社(NAA)が国土交通省から着陸制限を提案されながらも、要請しなかったことが26日、国交省とNAAへの取材で分かった。

 NAAは「一部のバスや鉄道で運行再開の見通しがあったことや、折り返し便などへの影響を考慮した」としている。今後、空港滞留者の受け入れ可能数を設定し、それを超える混雑が予想される場合には、早い段階で離着陸の制限がかけられるような仕組みの導入に向けて国交省と検討するとしている。

 成田では9日、台風で早朝から滑走路を閉鎖し同日昼前から運用を再開。しかし、空港から東京や千葉方面に向かう鉄道は運休が続き、海外などからの到着客が多数足止めとなった。主要路線が全面的に運行を再開したのは10日朝からで、約1万3千人が空港内で夜を明かした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus