関電会見速報

(2)「疑念や不安を与え、大変反省」岩根社長は険しい表情

 会見には関電の八木誠会長(69)と岩根茂樹社長(66)らが出席した。

 《会見場は約300人の報道陣が集まった》

 岩根社長「お客さまや社会のみなさまからの信頼やお気持ちを裏切り、多大なご心配やご迷惑をおかけしてお騒がせしましたことを改めまして深くお詫び申し上げます」

 「(前回9月27日の会見について)個人情報に配慮した内容となり(中略)、みなさんに疑念や不安を与えることになり、情報開示の観点から大変反省いたしております」

 《その後、岩根氏は20ページ超にわたる報告書の説明に入った》

 「調査の目的ですが、吉田開発への国税当局の査察を端緒とし、森山氏から多額の金品を受領していたことが判明したので、調査を開始しました」

 《報告書の調査態勢などの説明が続く》

 「無関係の社内役員3人で構成される調査委を設置し調査を実施することにしました」

 (3へ続く)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus