働き方

内定式、「自由な髪型」広がり P&Gジャパンのキャンペーンに多くの賛同

 ヘアケアブランド「パンテーン」を展開するプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン、神戸市中央区)による、1日の内定式に合わせた呼び掛けが広がりを見せた。自分らしい髪で内定式への参加を促す「♯令和の就活ヘアをもっと自由に」と題したキャンペーンを実施したところ、わずか1カ月間で139の企業・中央官庁が賛同したからだ。

 東京海上日動火災保険は「学生の個性を尊重したい」として、今回のキャンペーンを応援したほか、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、日本テレビ放送網といった就活生の人気が高い企業が賛同し、経済産業省も加わった。

 東京海上日動の本店(東京・丸の内)で1日に開かれた内定式では、計629人の内定者のうちグローバルコースと首都圏採用のエリアコースに内定した305人が参加。自由な髪形での参加を促したことから、思い思いの髪形で参加する内定者の姿が目立った。同社に内定したある女性は「個性を生かせ、自由な雰囲気で仕事ができそう」と、好感を持って受け止めていた。

 P&Gジャパンは昨年初めて女子就活生が定番の「ひっつめ髪」をほどき、ありのままで就活に臨む学生を後押しするキャンペーンを展開し、画一的な就活スタイルに一石を投じた。広告などを通じた昨年と違い、今年は企業の人事担当者へのアンケートなどを踏まえ、広く企業を巻き込む活動に広げた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus