CAのここだけの話

「常識」は捨てる 客室乗務でつかんだ外国人上司とうまく働くコツ (1/3ページ)

山崎愛音
山崎愛音

 SankeiBiz読者のみなさんだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第64回はアジア系航空会社勤務乗務2年目の山崎愛音がお送りいたします。

 近年、日本では外国人労働者が増えており、職場で外国人を見かけることも多くなりました。皆さんの周りにも外国人の同僚・上司がいて、接し方に悩むということもあるのではないでしょうか。今回は私がタイ人の同僚・上司と仕事をする中で身につけた、外国人の上司と上手く働くちょっとしたコツについてお伝えします。

日本の「常識」を捨てる

 まず外国人の上司と接する際に大切になってくることは「日本の常識を一度取り払う」ということです。日本での常識をもとに仕事をしようとすると、驚くようなことばかりで面をくらうことがあります。

 例えば、よく言われる「時間の捉え方の違い」では、日本人にとって約束の時間の5分前に来ることはマナー、または当然とされていますが、タイ人にとっては約束の時間の15分後~30分後に来ることが普通です。客室乗務員の訓練で、インストラクターが授業開始時刻の30分後に来て、何食わぬ顔で授業を始める、なんてこともありました。

 私はタイのバンコクに住み、タイ人に囲まれて仕事をし、東南アジア諸国を旅行していく中で、日本文化・慣習が独特であることを身に染みて感じました。陸で繋がっている国々は行き来がしやすいため、文化が似てくる部分が多々ありますが、日本は島国であり他の国へ行くハードルが比較的高いため、日本の独自性が際立ったのだと思います。

 日本に住んでいるとどうしても、日本の常識を基準に行動してしまいがちですが、「日本が特殊」と考えましょう。そして一度、私たち日本人の「常識」を取り払い、外国人の上司と接してはどいかがでしょうか。

 上手く仕事を進めていく上で、お互いに文化を押し付けるのではなく、受け入れられるところは受け入れ、主張するべきところはしっかりと主張する姿勢が大切になってくると思います。

「ありがとう」をその国の言葉で

 例えば、皆さんの部下に2人の外国人がいるとします。1人は完璧な英語で「Thank you」という人、もうひとりは拙いながらも日本語で「ありがとう」と伝えてくる人。さて、どちらに親近感がわくでしょうか? 言わずもがな、後者の部下ではないでしょうか。日本人は他言語に対して苦手意識が強い人が多い傾向があると思います。職場でも、日本人は間違っていたらどうしよう? という羞恥の気持ちが強く、黙っていることが多い反面、タイ人は文法が間違っていようが発音が間違っていようがお構いなく、本当によく喋ります。また、タイ人の同僚は私が拙いながらもタイ語を話すととても喜んでくれます。発音が間違っていると、根気強く直そうとしてくれたり、新しい単語を教えてくれたりと、とても面倒見が良いのです。

 さらにタイでは日本以上に挨拶が重要視されています。上司や同僚とすれ違った時は必ず一度足をとめて、タイの伝統的挨拶「ワイ(胸の前で手のひらを合わせる)」をします。タイ人の上司との関係は、まずは挨拶が全て! と言っても過言ではありません。

 ぜひ一度、相手の国の言葉で上司に挨拶をしてみてください。こんにちは、ありがとう、といった簡単な言葉でいいのです。挨拶をきっかけに、上司との距離がぐっと縮まるかもしれません。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus