5時から作家塾

昼寝で仕事の効率アップ 日本初の移動式快眠ルームが誕生 (1/2ページ)

吉田由紀子
吉田由紀子

 忙しく働くビジネスパーソンのみなさん、しっかり睡眠をとっているだろうか。寝不足になると仕事の効率が落ちて体調不良につながる場合が多い。

 総務省の調査によると、日本人の平均睡眠時間は7時間40分(2016年)。OECD(経済協力開発機構)加盟国の中で下位に位置する状況だ。

 寝不足を感じた時は、昼食の後に20分ぐらいの仮眠をとれば心身ともにリフレッシュできる。しかし、オフィスで昼寝したくても仮眠室がない、サボっていると思われる、罪悪感を覚えてしまうという方が多いのではないだろうか。

 こんな悩みを持つ方に、朗報!

 なんと、ゆっくり昼寝ができる場所を「出前」してくれるサービスが登場したのだ。その名も「koala sleep car(コアラスリープカー)お昼寝デリバリー」。ビジネス界でいま注目を集めている。

 ワンボックスカーを改造して、昼寝用の個室に仕立てた「コアラスリープカー」という専用車が企業に出向き、快適な昼寝タイムを提供してくれるのだ。

 いったいどんなサービスなのか。この事業を始めたKoala Sleep Japan株式会社広報部の恵古涼夏さんに取材をした。

 「昼寝をしたいけれど、オフィスでは難しい。そんな働き盛りのビジネスパーソンのために快適なお昼寝空間を作りました。特長としてはまず、ゆったりとしたダブルサイズの高品質マットレスと枕。マットレスには高い振動吸収力があり、睡眠時の姿勢に合わせた良質の寝心地を実現しています。ブランケットはオーガニックコットン製で優しい肌さわりになっています。内部の照明はバッテリーで駆動しますので、エンジンを切って静かに寝ていただくことができます。快眠を誘うヒノキやユーカリ、松のアロマオイルも用意していますので、お好みで使っていただけます。これらの快眠アイテムは、提携企業のご協力によるものです」(恵古さん、以下同)

 1回の昼寝利用は20分。企業の駐車場やコインパーキングなどに駐車して利用する。かなり工夫が凝らされたスリープカーだが、なんと使用料は無料である。さらに駐車料金も企業が負担せずに済むという太っ腹なサービスだ。

 「弊社はコアラという社名からもおわかりのように、オーストラリア製の高品質マットレスの製造販売を手がけている会社です。マットレスをもっと身近に感じてもらうにはどうすればいいかと社員がアイデアを出しあい、お昼寝カーを作るのはどうだろう、それは面白いということになり、実現しました。個室でゆっくり眠れることで好評を得ています」

 今年3月、本格的に始まったサービスだが、昨年9月に実証実験を行った上での始動である。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus