社会・その他

豪雨で鉄道復旧めど立たず 復活が待たれる「九州の足」 (1/2ページ)

 九州に甚大な被害をもたらした豪雨災害は18日で発生から2週間となった。鉄道設備も被害を受け、線路が大量の土砂の流入で埋まったり、鉄橋が流出したりするなど、多くの路線で復旧の見通しがたっていない状況だ。地域住民の通勤や通学、観光地を支えてきた「九州の足」の復活が待たれている。(石橋明日佳、入沢亮輔、西山瑞穂、花輪理徳)

 コロナ禍乗り越えた矢先

 「信じられない」。九州南西部の八代(熊本)-川内(鹿児島)の海岸沿いを走り抜ける「おれ鉄」の愛称で親しまれる「肥薩おれんじ鉄道」。最も大きな被害が出た熊本県芦北町の佐敷(さしき)-海浦(うみのうら)間の惨状に、同社の原田幸二さん(59)は絶句した。

 おれ鉄では、45カ所で土砂の流入や冠水、線路を支える砂利の流出などの被害が出た。全線116・7キロのうち、約半分にあたる49・6キロが不通となった。車両の被害は免れたが、運行再開のめどは立たない。

 おれ鉄は学生を中心に、年間110万人が乗車する地域の足だ。また、同社が運行する観光列車「おれんじ食堂」は、車内で地元食材を使ったイタリアンを楽しめるとあって観光客にも人気が高い。

 おれんじ食堂は新型コロナウイルスの影響で3月下旬から運休を余儀なくされた。車両の定期検査を終え、7月末から4カ月ぶりに再出発する予定だったという。同社の出田(いでた)貴康社長(63)は「コロナだけなら何とかなったが出ばなをくじかれた。オンシーズンに営業できないのはつらい」と表情を曇らせる。

 そんな中、豪雨の発生直後から、鉄道ファンから「また美しい景色を見に乗りに行く」といった励ましの連絡や寄付の申し出が相次いだ。出田社長は「愛されている路線だと実感した。安全を第一に早期復旧を目指したい」と話す。

 デザイン車両も浸水

 また、人吉・球磨地方を走り、地元住民らに親しまれる「くま川鉄道」(くま鉄)も橋が流されるなど大きな被害を受けた。くま鉄は、国鉄(現JR)湯前(ゆのまえ)線の廃線を受け、平成元年10月に人吉市と球磨郡の9町村などからなる第3セクター「くま川鉄道」が運行を引き継ぐ形で開業した。

 全長24・8キロで、人吉温泉(人吉市)-湯前間(湯前町)を結ぶ。利用客のうち高校生が8割を占めるなど、通学の足としても定着している。しかし、4日の球磨川の氾濫で、球磨川と川辺川の合流地点付近にある橋梁が流されたり、駅に土砂が押し寄せたりするなど大きな被害を受けた。

 このほか、鉄道の車両デザインで知られる水戸岡(みとおか)鋭治氏が季節をテーマにした車両5両もエンジン部分が浸水。森山照信・鉄道部長は「ここまでひどい被害は経験したことがない」と話す。現在は、バスによる代替輸送を県と協議しているが、復旧まで何年かかるか全く見通せない状況だ。

 被害額も高額になることが予想され、同社はホームページで、寄付を募り始めた。森山部長は「運行の継続なども含め、今後については地元自治体とも相談していきたい」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus