社会・その他

「青ガエル」秋田に到着 ハチ公の縁で渋谷駅前から

 JR渋谷駅のハチ公前広場(東京都渋谷区)で観光案内所として利用されてきた鉄道車両「青ガエル」が6日、ハチ公の出身地・秋田県大館市にある観光施設「秋田犬の里」に到着した。来場者用の休憩スペースとして9月から使われる予定で、市はスロープの設置や内装工事を進める。

 車両は3日に渋谷駅前を出発し大型トレーラーで陸送された。6日午前5時すぎ、ブルーシートに包まれた姿で到着。「ようこそ大館市へ」の文字や車両のイラストが描かれた横断幕を手にした市職員らが笑顔で迎えた。

 青ガエルは、昭和29~61年に東急電鉄が運用していた「旧5000系」の愛称。緑色の塗装と丸みのある外観が特徴で、この車両は渋谷区が平成18年に譲り受けた。ハチ公前広場の改修に伴い、移転が決まった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus