5時から作家塾

つい読みたくなる議事録 グラフィック・レコーディングで楽しく副業 (2/2ページ)

吉田由紀子
吉田由紀子

 「改めてグラレコの人気に驚きました。簡単にできるし、何より楽しいのが魅力だと思います。日本語は、良い意味でも悪い意味でも『曖昧な言語』です。会議の雰囲気を残せるのは、従来の議事録よりグラレコの方が適していると実感しました。今後はビジネスシーンでもグラレコの需要は増えていくと思います。スキルを身につけていくと、良い副業になるのではないでしょうか」

 同社でも、今後は社内会議にグラレコの導入を検討している。

 大手IT企業も協賛

 また、大手IT企業の株式会社日本HPも、このイベントに協賛している。個人の働き方が大きく変わる今後を見据え、クリエイター志望者を応援するためである。

 「クリエイティブを体験して欲しい、それを発信する楽しさを知って欲しい。そう思い、グラレコに着目したのです。PC環境とソフトがなくてもクリエイティブを体験する方法として、グラレコだったら紙とペンだけでチャレンジできますし、SNSとの親和性も高いと思ったからです」(株式会社日本HPコンシューマー事業本部事業経営部 部長・石橋博明さん、以下同)

 イベントでは、日本HP社の社内コンペの表彰式の様子を、参加者全員にグラレコで表現してもらった。

 「今回が初めてのグラレコ体験だったのですが、いろいろとメリットを感じました。グラレコによる議事録は、記録を展開する範囲が広い場合に適していると感じました。通常の議事録は『読んでください』と言っても読まない人が多いですし、読んでも、温度感が分からない場合が多いです。グラレコによって、感情のこもった『つい見たくなる』議事録が完成したと思います」

 企業や組織のミーティングだけでなく、ちょっとした打ち合わせ、友人との集まりでも活用できるグラレコ。初歩から習える講座が各地で開催されているので、ご興味のある方は、一度体験してみてはいかがだろうか。(吉田由紀子/5時から作家塾(R)

5時から作家塾(R)
5時から作家塾(R) 編集ディレクター&ライター集団
1999年1月、著者デビュー志願者を支援することを目的に、書籍プロデューサー、ライター、ISEZE_BOOKへの書評寄稿者などから成るグループとして発足。その後、現在の代表である吉田克己の独立・起業に伴い、2002年4月にNPO法人化。現在は、Webサイトのコーナー企画、コンテンツ提供、原稿執筆など、編集ディレクター&ライター集団として活動中。

5時から作家塾(R)のアーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus