人事

スポーツ庁新長官に室伏広治氏 アテネ五輪金メダリスト

 文部科学省は11日、国のスポーツ行政を総合的に推進するスポーツ庁長官に、2004年アテネ五輪の陸上男子ハンマー投げ金メダリスト、室伏広治氏(45)を充てる人事を発表した。政府が閣議で決定し、就任は10月1日付。

 国内外で高い知名度と幅広い人脈を生かし、新型コロナウイルスの影響で来年に延期された東京五輪・パラリンピックを控えた日本のスポーツ行政の新たなトップとして期待される。

 1988年ソウル五輪競泳金メダリストで民間登用によって初代長官を務めた鈴木大地氏(53)は規定で最長5年の任期を満了し、9月末で退任する。

 室伏氏は静岡県出身。ハンマー投げで五輪に4大会連続出場。日本オリンピック委員会(JOC)理事や東京医科歯科大教授などのほか、東京五輪・パラリンピック組織委員会では国際競技連盟などとの調整役であるスポーツディレクターを務めてきた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus