社会・その他

ウーバーイーツ配達員追突で負傷女性が損害賠償請求、ウーバー側は争う姿勢

 食事宅配サービス「ウーバーイーツ」の配達員の自転車に追突されてけがをしたとして、大阪市に住む60代の女性会社役員が、配達員と運営企業の日本法人「ウーバー・ジャパン」(東京)に約250万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴したことが23日、分かった。22日に地裁で第1回口頭弁論があり、被告側は請求棄却を求めた。

 訴状によると、平成30年6月、大阪市内の歩道で、女性が手押し車を使いながら歩いていた際、背後から配達員の自転車に追突され、首や脚にけがを負った。配達員は自転車に設置した自身のスマートフォンの画面を見て、配達先を検索しながら走っていたとしている。

 また、配達員はウーバー側の委託を受け指示に従って業務に就いていたことから「事実上の指揮監督関係があった」とウーバーの使用者責任を主張している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus