働き方

「働き方改革の旗振り役」厚労省398人が月80時間以上の残業 最長226時間

 厚生労働省は12日の衆院厚労委員会で、今年1月に過労死ラインの一つの目安とされる月80時間以上の残業を強いられた本省勤務職員が、398人いたと明らかにした。緊急事態宣言再発令などへの対応や、通常国会への準備が重なったとみられる。このうち最も長い職員の超過勤務時間は226時間だった。

 80時間以上100時間未満が221人、100時間以上150時間未満が149人、150時間以上が28人だった。

 厚労省は働き方改革の旗振り役として長時間労働の解消に取り組む一方、新型コロナウイルス対策でも中心を担う。官僚の長時間労働をめぐっては、新型コロナウイルス感染症対策推進室の1月の残業時間が平均124時間に上ったことが発覚し、西村康稔経済再生担当相が謝罪していた。

 共産党の宮本徹氏への答弁。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus