働き方

「大根の収穫で全身筋肉痛に」ANA社員は“飛行機が飛ばない1年”をどう過ごしたか (1/3ページ)

 ANA新千歳空港の国際線グランドスタッフとして働く岩佐綾香さんと福島実香さん。貨物を除いた国際線が1便も飛ばなかったこの1年を、彼女たちはどんな思いで過ごしてきたのだろうか--。

 国際線が1便も飛ばない1年

 ANA新千歳空港の国際線グランドスタッフは、おそらくコロナ禍の影響をもっともダイレクトに受けた職種のひとつではないだろうか。なにしろ2020年3月末から現在まで、新千歳空港発着の国際線は1便も飛んでいないのである(貨物便を除く)。

 新千歳空港で国際線のチェックイン業務や搭乗業務を担うANAのグランドスタッフは、いったいどのように“飛行機の飛ばない1年”を過ごしたのか、2人のグランドスタッフに話を聞くことができた。

 入社6年目の岩佐綾香は、地元千歳市の出身。高校時代から英語専門のクラスに籍を置き、短大でも英語を学んだ。

 「学生時代から英語を生かせる仕事に就きたいと思っていました。新千歳空港は憧れの職場だったので、就職が決まったときは本当に嬉しかったです」

 入社してまずは国内線の旅客業務に就き、3年目から念願の国際線に異動。外国の航空会社(外航)の委託を受けてチェックイン業務や搭乗口での業務を担当してきた。

 飛行機を安全に遅滞なく出発させる責任の重い仕事

 グランドスタッフには、保有する資格によって担当できる業務に明確な区分がある。空港や受託先の外航によっても違いがあるが、新千歳の国際線業務の場合、大まかに言うとチェックインカウンターでの業務→搭乗口での業務→DC(デパーチャー・コントローラー)という順序でステップアップをしていく。DCは1機の飛行機を安全かつ遅滞なく出発させる総責任者であり、責任の重い仕事だ。

 岩佐は現在、3つの外航を担当しており、そのうちの2つでDCの資格を持っている。

 「DCになると1つの便全体を見ることになりますが、どういう流れで1機の飛行機が出発していくかをすべて見られるのでやりがいを感じます。現在は3つめのDC取得を目指しているところです」

 資格取得の直後に運休、キャリア積めず

 もうひとりのグランドスタッフ、福島実香は入社4年目。熊本県出身の福島は、小学生の時にANAが舞台の『グッド ラック』(木村拓哉主演・TBS系)というドラマを見て以来、航空業界に憧れ続けてきた。大学も航空業界に就職するために外国語大学に進学した。

 「私は現在、3つのキャリア(外航)を担当しています。昨年、1つのキャリアでDCの資格を取得しましたが、直後に運休が始まってしまったのでDCとしてのキャリアを積めていません。ここで仕事を離れたら中途半端になってしまうので、なんとかこの職場でがんばっていこうと思っています。

 グランドスタッフの仕事は、最後のお客様が搭乗口を通って、ドアを閉めて、飛行機が飛び立ったとき、今日も安全に定刻通りにお見送りできたなって、すごい達成感がありますね」

 いつでも戻れるように、訓練を続ける

 空港での仕事は、小さなミスが大きなトラブルにつながりかねない責任の重い仕事であると同時に、発着1回ごとに完結するという意味では達成感を得やすい仕事なのかもしれない。

 思うような仕事ができなかった1年を、ふたりはどう過ごしたのだろうか。岩佐が言う。

 「いつお客様と飛行機が戻ってきても対応できるように、知識と端末操作のレベルを維持するための訓練を継続してきました」

 2つの外航でDCを務める岩佐は、訓練のメニューを考える立場にある。

 「実際にチェックインカウンターなどを使って訓練するわけですが、復便のめどが立たない中で、緊張感を維持するのはとても大変なことです」

 岩佐は通常業務の訓練のほかに、接客時の細かな所作や敬語の使い方の見直しなどをつけ加えているという。

 「せっかくの機会なので、日頃できないことをやってみようと思っているのです」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus