働き方ラボ

小学生は「会社員」になりたい? 職業ランキング1位を読み解くポイント (1/2ページ)

常見陽平
常見陽平

 小学生のなりたい職業1位が「会社員」。こんなデータが話題となっている。第一生命保険が、全国の小学生~高校生まで3000人を対象に調査した「第32回大人になったらなりたいもの」のアンケート結果だ。男子では、小学生、中学生、高校生のいずれも「会社員」が1位で、女子でも中学生と高校生で1位だったのだ。昨年は圏外だった。(第一生命「大人になったらなりたいもの」調査結果の詳細はコチラから)

 新しい仕事もランクインしている。たとえば、小学生男子の2位は「ユーチューバー・動画投稿者」となっているし、中学生と高校生の男子では2位に「ITエンジニア・プログラマー」が入っている。

 会社員が1位になったことについて同社のリリース文では「コロナ禍でリモートワークの導入が進む中、自宅で仕事をするお父さん・お母さんの姿を目の当たりにし、『会社員』という職業を身近に感じた子どもが多かったのかもしれません」と解説している。

 この調査結果は話題となり、Yahoo!トピックスに掲載されたほか、全国紙やワイドショーなどでも取り上げられた。3月23日付の朝日新聞朝刊「天声人語」にも紹介されている。

 もっとも、この調査結果の取り上げられ方、語られ方には、民間企業が発表する「人気企業ランキング」をみる際に注意するべきことが詰まっている。今回はそれを読み解いていくことにしよう。

 調査結果で注視すべき点

 調査結果を読み解く際の基本は「何のために、どのように調べたのか?」を確認することである。多くの人は、この調査結果を取り上げた記事だけで物事を判断しがちで、人によっては見出しだけで判断することもある。

 今回の調査結果については、実は調査方法・調査対象変更の影響が大きいと考えられる。

 第一生命からのリリース文にもあったが、同社は今回から調査方法をインターネットアンケートに変更している。1989年から昨年度までは、第一生命の生涯設計デザイナー(保険外交員)による訪問回収法だった。具体的には、昨年度は「ぼくのわたしの、すきなもの」をテーマとした夏休み子どもミニ作文コンクールの応募用紙に、作文執筆者が「大人になったらなりたいもの」に関するアンケートに回答し、その結果を集計したものだった。対象となっていたのは全国の幼児・児童(保育園・幼稚園および小学1~6年生)で、職種名は自由記述となっていた。

 一方の今年は、新型コロナウイルス感染症対策のためインターネット調査とされ、職業は自由記述ではなく29項目からの選択式(選択肢にないもののみ記述)に変更となった。調査対象も、小学3年生~高校生までに拡大している。つまり、テーマは同じでも、調査方法と対象が大きく異なるものになっていたのである。この事実に、各種報道は必ずしも触れていない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus