働き方

転職活動 コロナ禍きっかけ6割強 リクルート調査

 転職活動中の20~59歳の正社員1040人に転職活動のきっかけを尋ねたところ「新型コロナウイルス」と回答した人が6割強に上ることが8日、リクルート(東京)の調査で分かった。

 担当者は「コロナを契機に内省する時間が多くなり、働き方や生き方を客観視する人が増えたのが影響している可能性がある」と述べた。

 調査は3月23~26日にインターネットで実施。コロナが転職活動と何らかの関係があるとしたのは660人(63・5%)、特に関係がないと回答したのは380人(36・5%)だった。

 新型コロナが転職活動と関係があるとした人が挙げた理由(複数回答)としては「会社の戦略や方向性に不安を感じたため」が365人で最多。「よりやりがいのある仕事をしたいと思ったため」が278人、「職場の風土や人間関係を見つめ直した」が268人と続いた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus