社会・その他

ネットワン、純利益140億円を過大計上 課徴金勧告 

 証券取引等監視委員会は11日、東証1部上場のITサービス大手「ネットワンシステムズ」(東京都千代田区)が、架空循環取引で純利益を計約140億円過大に計上した虚偽の内容を有価証券報告書に記載したなどとして、金融商品取引法に基づき同社に課徴金8110万円を納付させるよう金融庁に勧告した。

 同社をめぐっては、架空の外注費を同社に支払わせるなどしたとして、元社員2人が背任や詐欺の疑いで警視庁に逮捕された。監視委は、このうちの1人が循環取引を主導したとみており、経営陣の関与は確認できなかったという。

 監視委によると、同社は複数企業との間で実体のない取引を繰り返し、平成28年から昨年3月にかけて提出した有価証券報告書などで、損失を一部計上しなかったほか売り上げを過大に計上。この結果、計約140億円の純利益が水増しされた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus