CAのここだけの話

CAとして乗務し、チアリーダーとしても活動 ふたつの仕事の5つの共通点 (2/2ページ)

田中絵梨奈
田中絵梨奈

 長時間フライトでは、一度ならず、二度にわたりお食事を提供することもあり、フライトが終わる頃には疲労困憊ということもしばしばです。

 したがって、CAには体力作りは欠かせません。たいていのCAはワークアウトの必要性を知っていますから、滞在先のホテルのジムやヨガでは、同僚に遭遇する頻度もとても高いのです。みなマイシューズを持参し、それぞれ有酸素運動や筋肉トレーニングに勤しんでいます。

5.万全な体調 常に自分の体に耳を傾ける

 CAのある先輩に言われた言葉があります。

「お客様のお世話をするためには、自分自身の体調が万全でなくては最高のパフォ―マンスをすることができない」

 当たり前のことですが、乗務をするにあたって体調管理は本当に大事なことだと感じています。少しでもいつもと体調が違ったら、自分の体に耳を傾けて、すぐに休息するようにしています。

 喉が痛ければ、水分をしっかり摂り、蜂蜜を舐めたりしながら、マスクをし、部屋中を加湿、そして喉周りをタオルで温め、早めの就寝を心掛けます。また翌朝に疲れが残らないようストレッチやマッサージを欠かしません。

 いかかでしたか?

 今回はチアリーダーとCAの共通点をご紹介しました。今後もCAの機内や日常のお話、日々の生活が充実するようなお話をさせて頂ければと思います。

法政大学在学中に米シアトルへ留学。現地の空港でインターンシップを経験し、卒業後、外資系航空会社に入社。CA歴10年目。乗務を続けながら、日本社会人アメリカンフットボールリーグ「Xリーグ」のチアリーダー部に所属。様々なスポーツ試合やオリンピック誘致活動に参加。好きなことは美味しい物を食べること。

【CAのここだけの話】はAirSol(エアソル)に登録している外資系客室乗務員(CA)が持ち回りで担当します。現役CAだからこそ知る、本当は教えたくない「ここだけ」の話を毎回お届けしますので、お楽しみに。隔週月曜日掲載。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus