社会・その他

「クレイジー君」請求棄却 当選無効訴訟、東京高裁

 1月の埼玉県戸田市議選に初当選した後、市内に居住実態がなかったとして、市選挙管理委員会に当選無効とされた「スーパークレイジー君」(本名・西本誠)市議(35)が、当選無効を支持した県選管の裁決取り消しを求めた訴訟の判決で、東京高裁(渡部勇次裁判長)は15日、西本氏の請求を棄却した。

 戸田市選管は4月、西本氏が東京都から住民票を移した市内のアパートの賃貸契約が本人名義でないことなどから「生活の本拠を移したとは到底言えない」とし、当選無効とした。県選管も7月、西本氏の審査申し立てを退けたため、西本氏が東京高裁に提訴した。

 公選法は、地方議員の被選挙権を有するには、当該自治体に3カ月以上居住していることを条件としている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus